司法書士を目指して 39歳独身男の夢物語

39歳、法学経験なしの独身男性が無謀にも司法書士を目指す
手探りでスタートします

39歳という年齢と、動機

ブログのタイトルにもありますが、私は今年39歳です。


勤め先の業績不振により、今の受験生という道を選びましたが、当然普通に転職するという道も考えました。

むしろその方が無難であり、私自身その考えも当然ありました。

転職先を探すにも39歳というのは応募の条件にギリギリである場合も多いですしね。


では、何故、敢えてこの年齢でこの資格に挑むのか。

40歳になったら応募できる所も激減するのに、、。


その理由は自分に対する自信のなさです。

これまで辛い事から簡単に逃げ、安易な道ばかり選んできました。

その結果、40を前にして社会的ステータスもなく、独身。

将来性のなさに彼女にフラれる事もありました。


1度くらい死ぬ程努力した経験を持ちたい。

1つくらい誰かに誇れる努力をしたい。

(将来性のなさを理由に自分の元を去った彼女にも胸を張りたい、というのも本音です(´・_・`))


周りから見たら安易な理由でしょう。

ありきたりな理由だと思います。

資格を取れば勝ち組!な資格ではない事、むしろそこからも大変である事も承知しています。


でも、そんなありきたりな理由だからこそ、親近感を持ってもらえるかもしれない、と思い今回の記事を書く事にしました。


記憶力の低下を痛感していますが、めげずに継続します!


本日の実施内容

・民法総則の過去問1周(合格ゾーン)

・債権編講義1コマ(TAC竹下講師)

+受講内容復習


やはり推論問題が苦手です。(ノД`)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。