司法書士を目指して 39歳独身男の夢物語

39歳、法学経験なしの独身男性が無謀にも司法書士を目指す
手探りでスタートします

記述に対する不安

日々黙々と講義と復習のルーチンワークです。


やっと民法の物件以外が終わりました。


全体像がつかめていないので先が見えない地獄は続きます。


特に記述式。


チラッと見聞きした程度の情報ではさっぱりイメージがわきません。


早目に着手しようにも教材が届くのはまだまだ先。


不動産登記法は民法を、会社登記法は会社法をやってからという人と、同時進行がいいという人と別れるみたいですね。


苦手意識を持たないためにも私は同時に行こうと思ってますが、受講教材が届かないうちから手を出す場合、どれがいいのか決めかねてます、、。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。